よくあるご質問

質問イメージ

しっかり乾かして寝たほうがいいの?

答え1

もちろんですっ!
髪は濡れると少しキューティクルが開いた状態になります。 そのまま放置するとキューティクル同士がひっかかり枝毛や傷みの原因に。寝ぐせもつきやすくなります。
また頭皮に(熱、水分、栄養)がある状態になってしまいます。頭皮が湿ったまま放っておくと雑菌が繁殖する可能性も。頭皮がかゆくなったりします。
さらに後頭部が冷えると血行が悪くなり、肩こり、冷え性を促進してしまいます。 なので、しっかり乾かしてから寝ることをおすすめします。

トップへ戻る

ヘッドスパってどんな効果があるの?

答え2

頭皮って普段あまり動かさない部分ですよね。 さらに心臓から1番高く離れたところにあります。なので血行が悪くなりがち。 頭皮が硬くなり血行が悪くなると、抜け毛、細毛の原因になります。 頭皮をマッサージして「気持ちいい!」と感じる方は凝っている証拠です。 「ストレスを感じて頭皮をかくシーン」ってよく見ますよね。ストレスを感じると頭皮に影響があるのは確かなんですよ。 ヘッドスパをすると頭皮の血行が良くなり、顔色も良くなります。目元のクマが薄くなったり、顔がリフトアップする方もいます。もちろん髪の根元の立ち上がりも出ます。 日頃のシャンプーで取りきれない脂質は放っておくと酸化して取れなくなってしまいます。 そんな時はヘッドスパを。 髪だけではなく、いろんな効果があるんですよ。

トップへ戻る

寝ぐせをキレイに直す方法って?

答え3

朝起きたら髪が爆発! 直しても直してもキレイに収まらないってことありますよね。 まず寝ぐせをつきにくくするには、お風呂上がりにしっかりと髪の毛と頭皮をドライヤーで乾かすこと。髪を洗った後、頭皮が湿った状態で寝てしまうと寝ぐせがつきやすくなります。 それでも寝ぐせがついて直らない場合は、寝ぐせがついている根元の地肌から濡らして下さい。 根元にも寝ぐせがついているので、毛先だけ直しても直らないんです。 根元を水スプレーなどで濡らし、根元からドライヤーをかけてくださいね。 すると、キレイに寝ぐせが直りますよ。

トップへ戻る

キレイに髪を伸ばしたいんだけど、カットはしなくてもいいの?

答え4

髪の毛先は、新生毛以外はカットした切り口があります。 そのまま何もせずに放っておくと、毛先の内部の栄養分が切り口から流れて出てしまいます。 さらにダメージが強くなると枝毛になります。 そこでキレイに伸ばしたいのであれば、定期的にカットすることをオススメします。 例えば「3㎝伸びたら、1㎝切る」など傷みが進行しないように、こまめに毛先を整えてあげましょう。 するとキレイに髪を伸ばすことができますよ。 。

トップへ戻る

キレイに髪を伸ばしたいんだけど、カットはしなくてもいいの?

答え5

どうしても家では適当にしてしまいがちなシャンプー。 本来「シャンプー」とは、「マッサージ」という意味があります。 髪の汚れはすすいだだけで、約8割取れるんです。まずしっかりすすぎましょう。 その後はシャンプーをしっかり泡立てて、頭皮を下から頭頂部に向かってやさしくマッサージするイメージでもみ洗いしましょう。しっかり泡立てることで髪同士の摩擦を減らし、傷みにくくします。また、マッサージしながら洗うことで、頭皮の血行を良くしてくれるんです。 間違っても、ごしごし力いっぱい洗わない事。 強すぎて頭皮を傷つけると、皮膚は防除しようと硬くなってしまい抜け毛や細毛の原因にも。 また洗うシャンプー剤にも気を付けてくださいね。 よく市販されているものは、洗浄力が強すぎて必要以上の脂質を取り除いてしまったり、 必要以上のシリコン系油分が入っていて毛穴に詰まってしまったりします。 それも抜け毛、細毛の原因になります。

トップへ戻る

ブローした時、毛先がパサつかないようにするにはどうしたらいいの?

答え6

ブローする時に一番多いのが、毛先を中心に乾かしてしまうこと。 実は一番最初に乾かさないといけないのは「根元」なんです。 ドライヤーは根元に空気を入れるようなイメージで乾かします。すると、自然に毛先も乾いてくるんですよ。 根元はしっかり、毛先は8割くらい乾かすのがベスト。 毛先が乾きすぎるとパサつきが出るんです。 予防策としては、洗い流さないトリートメントを中間から毛先にかけてつけてあげると、キレイな仕上がりになります。 栄養分が入るのはもちろん、静電気の予防にもなります。 物にもよりますが、サラッと仕上げたい場合はクリームタイプ、保湿して収まりを良くしたい場合はオイルタイプがオススメです。 ただし、髪質や施術内容によって違いますので、どれが自分に合うかわからない時は聞いてくださいね。 毎日ケアするのと、しないのとでは倍の差が出てしまいますよ。 髪をキレイに保つためには必要なものなんです。

トップへ戻る

髪が薄くなったり細くなったりしてきたんだけど何をしたらいい?

答え7

「髪が薄くなった」「ボリュームがなくなってきた」「髪が細くなった」「抜け毛が気になる」などなど。 今こういう悩みがすごく増えているんです。 原因としてはいろいろありますが、

1、まずシャンプーは自分に合った洗浄力のものを使いましょう。 市販されているシャンプーは洗浄力が強く、必要以上に頭皮の皮脂を取り除いてしまうことがあります。 すると髪が伸びていく時の潤滑油としての役割がなくなり髪が細くなってしまいます。顔を石鹸で洗うようなものです。 お肌がカサカサになってしまいますよね。また、シリコンが大量に入っているものも注意。必要以上のシリコンは毛穴を詰まらせ抜け毛の原因になります。

2、トリートメントは地肌にはつけないように。トリートメントは油分が多く含まれています。 せっかくシャンプーして皮脂を取ったのに、違う油分を毛穴につけてしまうことになります。根詰まりの原因になってしまいます。

3、お風呂上がりはトニックをつけてマッサージを。トニックというと男性のイメージがありますが、今は女性用のものもたくさんあります。 トニックをつけてマッサージすることによって毛母細胞を刺激して血行を促進します。育毛効果がかなり期待できますよ。 中には発毛や白髪予防の成分が入っているものもあります。

4、お風呂上がりには必ずドライヤーで頭皮、髪を乾かすこと。濡れたままで放っておくと雑菌が繁殖することがあります。地肌をしっかり乾かしましょう。 中には発毛や白髪予防の成分が入っているものもあります。

5、定期的にヘッドスパなどで、普段の洗い残している皮脂を取りましょう。 毎日のシャンプーって結構簡単に終わってしまいがちですよね。キレイに洗えていないと皮脂が残ってしまいます。さらにその皮脂は時間が経つと酸化して取れにくくなってしまいます。 キッチンで飛んだ油を放っておくと取れにくくなるのと同じです。 そこで定期的に取り除いてあげることがおすすめ。

さらに大きな原因として、食生活や生活習慣が大きく関係しているとも言われています。 だんだんと肉やジャンキーフードなどの動物性の脂や脂肪を摂取することがかなり多くなっていますよね。またお菓子などでも油分を過剰に摂りすぎたり。脂肪を摂りすぎると皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まりやすくなります。 なので脂肪、炭水化物の過剰摂取に気をつけること。 肉の脂身、バター、ベーコン、チョコレート、ケーキ、甘味料の多く入ったジュース、塩分、コーヒー、カレー、ハンバーグ、にんにく、酒、たばこ、などはあまり髪には良くないと言われています。 みんな美味しいものばかりですよね。 さらに夜10時以降の飲食も胃が疲れ、皮脂の異常分泌を促進してしまいますよ。 ストレスも原因の一つです。(ストレスを取り除くのは無理なので、上手にお付き合いできるよう心のストレッチを) 真剣に悩んでいる方は、食生活や生活習慣を無理のない範囲で変えていくことも一緒におすすめします。

髪に良いたべもの

●ビタミン、ミネラルを多く摂る

●良質のたんぱく質をしっかり摂る
 大豆、豆腐などの植物性たんぱく、小魚など

●緑黄色野菜を多く摂る
 ほうれんそう、人参、かぼちゃ、ピーマン、トマト、小松菜、しし唐、オクラ、ブロッコリー等
 (ビタミンA、B2、C、D、E、F)

●根菜を多く摂る
 いも類、ごぼう、れんこんなどの根野菜(ミネラルが豊富)

●小麦胚芽を摂る

●食物繊維を多く摂る
 皮脂の異常分泌を抑えます。コレステロールや中性脂肪も下げるので効果大。

トップへ戻る